家族で奄美大島旅行!
午前中に奄美大島に到着する裏技は?

例年、奄美大島は7月15日~20日くらいに梅雨明け宣言になる予想から、早い夏休みを取って、7月18日~20日(2泊3日)で奄美大島に家族旅行に行ってみた。

関東から奄美大島へ行くには
羽田発のJALか成田発のピーチの二択

JAL=羽田→奄美大島のJAL659便(羽田12:00発→奄美大島14:05着)
ピーチ=成田→奄美大島のMM541便(成田10:25発→奄美大島13:05着)

ピーチはJALの半額以下の料金ですが、成田までのアクセスを考えると効率的でなくJALで行くしかないかなと・・・。
しかし、14:05着だと当日マリンスポーツが出来ないので考えました。

JAL=羽田→鹿児島のJAL643便(羽田08:50発→鹿児島09:55着)で一旦鹿児島に行って、乗り継ぎ(トランジット)して
JAL=鹿児島→奄美大島のJAL3727便(鹿児島10:25発→奄美大島11:20着)を使えば・・・

何と!午前中に奄美大島に到着できます。

しかし・・・航空券が高額になりますね・・・
このために1年間貯めた「JALマイルを使用することにしました!」

JALマイルを使用したら
どのくらいお得なのか?

羽田→鹿児島→奄美大島間の必要なJALマイル=1名あたり13,500マイル
帰りはJAL658直行便:奄美大島15:00発→羽田17:15でゆったり帰路に着きます。必要なJALマイル=7,500マイル
1名あたりの往復=21,000マイルなので、3名=63,000マイルが必要となります。

しかし、トップシーズンになりますので予約した正規航空券だと・・・
1名あたり、往路=56,390円、復路=48,890円で・・・

1名あたりの正規料金の合計=105,280円、3名=315,840円もかかります!

これが63,000マイルを使用することで・・・で無料で渡航できます。

3名=315,840円もお得に!

やっぱりマイルの破壊力は抜群です。

皆さんもぜひ鹿児島乗り継ぎで奄美に行ってみて下さいね。

ジャルパック
(JALPAK)とは?

・日本航空グループの旅行会社、・営業開始は1969年
・航空会社の最大手ならではの国内航空券+宿泊付きプランが充実

・JALパック(JALダイナミックパッケージ)=日本航空(JAL)グループのブランド名の総称

JALマイルがたくさん貯まる

・JALパック公式サイトからツアー予約すれば、フライトマイル+オンライン予約ボーナスマイルがもらえる
・JALマイレージカードの所有者、JALカード会員、JMB「旅プラス」会員なら

会員限定の各種ボーナスマイルが貯まる
・貯まったマイルをJAL関連の支払に使えるのも嬉しい

旅行予約サイト満足度1位

・オリコン(ORICON)による、2018年版「旅行予約サイト顧客満足度ランキング」で「総合で1位を獲得」

・国内旅行では46サイトから調査して比較した結果、かなり満足度の高いWEBサイトです

・サイトの使いやすさ、添乗員や現地スタッフの対応の良さ「1位獲得の決め手」

マイルが少ない場合は
JALパックがお得

マイルが少ない場合は、航空券+宿泊のJALパック(JALダイナミックパッケージ)がお得です。

往復の航空券(JAL便)+宿泊(4つ星高級ホテル)で、JTBなど他の旅行会社と比べて、2泊3日で約5,000円前後割安価格の1名あたり=84,000円~89,000円で旅行に行けます。

マイルが少ない場合は、ぜひ「JALパック(JALダイナミックパッケージ)」を利用してみましょう。

JAL

乗り継ぎ便の注意点は?
機内持ち込み荷物の
大きさ制限!?

飛行機の座席数100席以上だと115㎝以内

  • 773/772(777)/359/789/788/767/738(73H)
運航会社 JAL・JTA
サイズ 合計:115cm以内

55cm×40cm×25cm以内

合計重量 10kg以内

付属品(ハンドル、ポケット、キャスター等)を含みますので注意が必要ですね。

飛行機の座席数100席未満だと100㎝以内

  • E70/E90/SF3/DH4/ATR/AT7
運航会社 JAIR・JAC・HAC・RAC
サイズ 合計:100cm以内

45cm×35cm×20cm以内

合計重量 10kg以内

今回、我が家はサイズ=108㎝の小型のスーツケースを持ち込んで渡航してしまいました。
ちなみに海外への渡航でも、各航空会社の基準=115㎝以内なので、108㎝ならどんな飛行機でも大丈夫だと勘違いしていました。
羽田→鹿児島=100席以上、鹿児島→奄美大島=100席未満だったので、何故か?持ち込み出来てしまいったのですが・・・

※ LCCは100席未満の座席の飛行機が多いので、持ち込みが出来ない場合があります。(注意が必要です。)

奄美大島の美味しい
レストラン・居酒屋は?

奄美大島=鹿児島県って知ってましたか?
距離的には、沖縄県に近いですが鹿児島奄美市・名瀬市です。料理も比較的鹿児島に近い料理が多くあって、沖縄のように豚足・ゴーヤのような独特な料理とは違って、関東近辺の方も美味しくいただける料理が多いのが特徴です。

鳥しん(とりしん)

奄美大島の名瀬市(奄美の繫華街のある都市部)にある「地鶏料理」の専門店です。
奄美に旅行に着たら、ここに行くのが定番のお店ですね。
奄美では「鶏飯(けいはん)」が有名ですが、ここの鶏飯が一番美味しいと言われています。
その他では、鳥造り三点盛合せ ¥1650-がバツグンに美味しいです。
地酒の黒糖焼酎にも良く合います。

鶏飯(けいはん)とは?

具材は白米の上に、茹でてほぐした鶏肉、錦糸卵、椎茸の甘煮、お漬物(島ではパパイヤ漬けが主流)、きざみネギ、きざみ海苔、乾燥したみかん(またはゆず)の皮を乗せて、「鶏ガラスープ」をかけていただく料理です。
鶏飯は、薩政時代に薩摩藩の役人たちをおもてなしするために作られた料理だといわれています。
今では奄美大島の代表的な郷土料理の一つです。

郷土料理かずみ

「郷土料理かずみ」では、毎日、三味線に併せて島唄(奄美民謡)を唄ってもらいながら、島料理(郷土料理)をいただけます。
料理は、お任せコース3,500円のみで、「油ぞーめん」、「赤うるめ唐揚げ」、「とんこつ」、「奄美野菜の煮物」、「ハンダマのおひたし」、「ニガウリ炒め」、「刺身盛り」など、10品以上で、〆=スープ、おにぎりを含めて、食べきれないほどの量が出てきます。
食事をしながら、一緒に「奄美民謡を唄って・踊って」、奄美を満喫するには、ここしかない居酒屋さんです。

 

その他おススメのスポットは?
マングローブカヌー

今回、最終日に台風が迫ってきたため、体験出来なかったのですが、アクティビティでは「マングローブカヌー」がおススメです。
奄美のマングローブの中をカヌー(同伴ガイド付き)で約2時間かけて周遊します。
途中、ミナミコメツキガニ、リュウキュウコノハズク、アマミノクロウサギなど、奄美ならではの動物や植物を見ながらマングローブの中を体験するのは貴重な経験になるでしょう。

JAL

国内航空券+宿泊の
インターネット予約なら
JALPAK(ジャルパック)
限定格安ツアーが満載